不眠の改善・研究館TOP > 不眠克服の知恵とは?

不眠の克服は人間だけができる

 

不眠克服の方法は、人間だからこそ考え付くものです。

人間は、ほかの動物よりも発達した大脳を所持しています。
そのことは、多くの情報を蓄えられることが出来ると同時に、大脳を休ませるために睡眠の重要性が、より増しているともいえます。人は起きている間は、活発に大脳が活動し、ヒートアップしています。そのため、どこかで熱を冷まして、クールダウンしなければなりません。それが睡眠なわけですね。

人はほかの動物と比べて、感情も豊かです。
喜怒哀楽は人間だけのものです。もちろん、ほかの動物にもそれに近い感情は認められますが、人間ほど高度ではありません。動物のほとんどは生存本能によって活動しています。

人間だけが、いろいろと論理的に考えることができるのです。
その反面、悩みやストレスを抱えることにもなります。このストレスが不眠を引き起こすキッカケとなります。

発達した大脳を持つ人間だからこそ、悩んだり夜更かししたりして不眠症になる。しかし、そういった不眠を克服する知恵も、人間が考えるのです。このことは、ほかの事象にも当てはまりますね。たとえば、人間は環境を破壊してきましたが、また環境を保護する知恵も人間が考えるのです。

まずは睡眠について詳しくなろう

不眠を克服するには、まず人間の脳のしくみとか、睡眠と覚醒のリズムを知ることから。これこそ、発達した脳を持つ人間らしいアプローチです。実際に睡眠の研究者によって、かなり眠りのことは解明されてきましたが、今度はあなたが睡眠のことを勉強する番です。そうすれば、自分の眠りがどのような状態にあるのかが、より明瞭になることでしょう。

不眠を克服するために、まず知っておいて欲しいことは、人間はもともと眠っている状態が自然だということ。ともすれば起きている状態がデフォルトで、眠っている状態が特別だと考えがちですが、それは違うのです。

人間はもともと脳が眠っています。それを脳幹網様体が睡眠中枢を刺激(賦活)することによって、起きていることができるのです。それは脳幹に障害を負った人が、ずっと昏睡状態に陥ることでも分かります。反対に、睡眠中枢に障害を負うと、眠れない睡眠障害を発症することもわかっています。

眠りに関わる神経伝達物質

以上の働きには、脳内での神経伝達物質が関わっています。
ドーパミンやノルアドレナリン(ノルエピネフリン)、アセチルコリン、セロトニン、ヒスタミン、ギャバ(GABA)ですね。このうち前者二つは、覚醒にかかわっています。アセチルコリンはレム睡眠中に現われ、セロトニンは眠りを促します。

セロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンにも分解されます。
うつ病になると、セロトニンが少なくなるために、寝つけなくなるのです。不眠を克服するために、こういった知識をもっていると役立ちます。

ギャバという神経伝達物質が出てきましたが、これは他の興奮性の物質を抑制する働きがあります。そのため脳内にギャバを増やす方法がわかれば、不眠の改善に役立つはずです。

ギャバを増やすには?

ギャバは少量のアルコールによって増えるとされています。
この特性を不眠の克服に役立てている人もいます。ただお酒は耐性がつきやすく、どうしても量が増えていきがち。量が増えると眠りが浅くなり、かえって睡眠の質を低下させるので気をつける必要があります。

そのほかギャバは、納豆や味噌、醤油に含まれています。
味噌には、抗うつ薬としても使われているメチオニンというアミノ酸も含まれています。ギャバが眠りにいいと知っていれば、ギャバが含まれる食材を摂取すればよいのです。こういったアプローチこそ、人間だけにできる不眠改善の知恵といえるでしょう。

不眠を改善する秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら

漢方薬と不眠について

漢方薬で不眠を改善する方法があります。通常、不眠症の治療というと西洋医学が主流となっています。つまり、抗不安薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤などですね。これは不眠...

動悸と不眠について

動悸は不眠の原因となったりします。動悸とは、いうまでもなく心臓が異常にドキドキする症状です。普段は心臓の鼓動は感じられないものですが、自覚できるほどに拍動するわけです。...

妊婦と不眠について

妊婦は不眠になると、よくいわれます。これは、どういったことが関係しているのでしょうか?女性はプロゲステロンとエストロゲンという、ふたつの女性ホルモンを常に分泌しています...

不眠症とサプリメントについて

不眠症にサプリメントをうまく活用すると、睡眠の改善に役立ちます。安眠サプリメントというと、有名なところではメラトニンやトリプトファンがあります。快眠サプリは、全人口の半数の...

不眠のつぼとは?

不眠のつぼを押すと、張りつめていた神経が和らぎ、眠気が出てきます。快眠に効果があるとされるツボは、たとえば頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)。耳の後ろの安眠のつぼ。手の甲に...

高齢者と不眠について

高齢者は不眠に陥りやすいことで知られています。年を取ると、眠りが浅くなって、夜中に目覚めることが多くなります。また早朝に目覚めてしまって、それ以上眠れないことがあります...

不眠と中途覚醒について

不眠に中途覚醒というタイプがあります。これは読んで字のごとく、いったん寝入ったものの夜中に目覚めて、睡眠が中断されることですね。そのあと、すぐに眠れれば問題ありませんが、寝つけ...

不眠グッズで安眠対策

不眠グッズを使うと、寝つきやすくなったり、深い眠りをもたらしてくれる効果が期待できます。不眠のグッズといえば、安眠枕が代表的ですね。テンピュールの枕、ヨーロッパの一流病...

 

不眠を改善する秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら