不眠の改善・研究館TOP > 不眠克服の知恵とは? > 漢方薬と不眠について

漢方薬と不眠の改善

 

漢方薬で不眠を改善する方法があります。

通常、不眠症の治療というと西洋医学が主流となっています。
つまり、抗不安薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤などですね。これは不眠症そのものを対象にした薬で、即効性が高く、また薬の作用も強いことが特徴です。

その反面、睡眠薬は大脳辺縁系に直接作用する薬のため、持ち越し効果や健忘があったりと、副作用がどうしても伴います。とくに高齢の場合だと、体内に薬物が残ってしまったり、足元がふらついて骨折の原因となる例もあるようです。

西洋医学の睡眠薬は、昔のバルビタール系とは異なり、神経を鎮静化させる作用が主体なので、安全になっているとはいえます。昔の睡眠薬は、用量を越えると命にかかわる危険な薬でしたから、それに比べればかなり改善されたといえます。それでも、やはり副作用が残ってしまうところがあります。

この点、漢方薬の不眠治療では、副作用が現われないので安全といえます。
翌日まで効果を持ち越して昼に眠くなったり、足元がふらついたりということが全くないのです。

また西洋医学の睡眠薬は、いくら以前より安全になったとはいっても、漫然と服用していては耐性がついてきて、どうしても量が多くなったりします。すると薬剤依存性がついてきて、手放せなくなる危険も秘めています。そのさい無理に服用を中止しようとすると、薬剤離脱性不眠に陥ってしまいます。

この点も、漢方薬での不眠治療では、薬剤依存性がまったくありません
服用をやめたとしても、それによって不眠が現れることがないのです。

漢方薬による不眠の治療法

漢方薬による不眠治療においては、不眠症だけを治そうとすることはありません。からなず、患者さんの体質や症状を吟味することから始めます。つまり西洋医学のように病名から薬を処方するのではなく、その人にぴったりと合った薬を調合するのです。

漢方の不眠治療では、まず問診を行なって、患者さんの症状や体質を見極めることから始めます。そのうえで調合していくので、患者さんによって、調合される漢方薬は千差万別になります。このため漢方による不眠の薬は、完全オーダーメイドといえますね。

漢方薬では不眠症そのものを何とかしようとはせず、その背後にある自律神経の乱れを整えようとします。そのため自律神経失調症の人に、絶大な効果を発揮します。夜に交感神経が優位になるからこそ眠れないのであり、漢方薬によって、副交感神経を優位にできれば、おのずと不眠は改善するわけです。

漢方では、このように元にある自律神経を整えますから、不眠が治ると同時に、ほかの症状も改善していきます。たとえば肩こり、頭痛、めまい、イライラ、生理不順なども、不眠と一緒に改善する可能性があります。それは漢方薬は、人間の持つ自然治癒力を高めるためで、ひとつの器官だけを治そうとはしないからです。

専門的に言うと、漢方における気、血(血液)、水(体液)のうち、気と血の流れを整えようとするわけです。そうすると自然と各臓器も、本来の働きを取り戻していくということですね。

漢方薬の不眠治療は、ベンゾジアゼピン系薬剤ほどは即効性は期待できませんが、処方が合っていれば、2日目あたりから不眠症の症状が改善し始めます。もちろん不眠の原因にストレスなどが関わっている場合、それを取りのぞいたり解決する努力も必要です。それと同時に、漢方薬による不眠改善の方法を試すことには意味があります。

不眠を改善する秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら