不眠の改善・研究館TOP > 不眠克服の知恵とは? > 妊婦と不眠について

妊婦と不眠の関係とは?

 

妊婦は不眠になると、よくいわれます。
これは、どういったことが関係しているのでしょうか?

女性はプロゲステロンエストロゲンという、ふたつの女性ホルモンを常に分泌しています。そして、どちらのホルモンが多くなるのかという”均衡”によって、体に様々な変化が起きます。これは全て出産という準備のためです。

プロゲステロンとエストロゲン

プロゲステロンには体を休ませる作用があり、夜の睡眠量が多くなります。
それだけでも不十分で、昼間にも眠気がでてきたりします。いくら眠っても眠いわけですね。これは子供を生むために、体を積極的に休ませようという自然の働き。月経や出産には多くエネルギーを消費するので、それに備えてできるだけ体を休ませるようになっているのです。

いっぽうエストロゲンには、睡眠を浅くする作用があり、夜に寝付けない睡眠障害を招いたりすることがあります。これは一説には、子供の夜鳴きなどに備えて、お母さんが起きて対処するための仕組みといわれています。ですから異常ではありません。妊婦が不眠になるのも、この仕組みが関係しています。

プロゲステロンの分泌が減少してエストロゲンが多くなる周期は、どうしても睡眠障害が起こりがちになります。夜中もずっと眠気がなく、朝まで眠れないなど、妊婦が不眠を訴えることが多くなります。

これが高じると、体内リズムが崩れる概日リズム睡眠障害へと移行して、ややこしくなるので要注意です。たとえば夜寝れないからといって、強い光を発するパソコンを夜中に見てネットショッピングをしていたり、夜食を摂ったりしていると、深刻な不眠症を引き起こしかねません。

夜は寝れなくても、明かりはつけないことです。お腹がすいても、ホットミルクやバナナ程度にしておきましょう。アロマテラピーでいい香りを嗅いだり、静かな安眠CD(波の音など)に耳を傾けていると気持ちが安らぎます。そして昼は、少しでもいいので外出し、太陽の光を浴びることです。これによって体内リズムが整います。また心地よい疲労感が睡眠物質を体内に作るので、妊婦の不眠改善に役立ちます。

妊婦の不眠の変化

まず妊娠初期の3ヶ月は、プロゲステロンが多くなります。
このときには夜眠っているのに、昼間に耐え難い眠気が起こったりします。オススメは、15分から30分程度の昼寝や居眠り。これによって睡眠不足を補い、妊婦の不眠を解消することができます。ただし眠るのは、昼の3時まで。それ以降に仮眠をとってしまうと、体内リズムが乱れて、夜に寝付けないこともあります。

妊娠6ヶ月ごろは、プロゲステロンの産生が少なくなってきます。
しかしまだ十分に分泌されているので、不眠症にはなりません。

問題は妊娠9ヶ月ごろです。
このころになるとプロゲステロンが激減し、もうひとつの女性ホルモンであるエストロゲンが増えてきます。このときに睡眠障害が起こりやすくなるのです。出産前は、妊婦の不眠が頂点に達するときですから、心得ておく必要があります。これは前述したように、深い眠りに入ってしまうと、子供の夜鳴きなどに対処できなくなるため、眠りを浅く保つ仕組みといわれています。

以上のような妊婦の不眠は、妊娠に特有の症状のように思われますが、妊娠前でも同様なリズムは、女性につきまといます。月経周期の卵胞期にはプロゲステロンが少ないため睡眠時間が減少して、早朝覚醒をしたりします。このときはストレスに強く、比較的元気です。黄体期にはプロゲステロンが増えるので、深いノンレム睡眠が増えます。女性は妊婦ではなくても、こういった周期があるのです。

エストロゲンは抗ストレスホルモン

妊婦が不眠になるのは、女性ホルモンのプロゲステロンが少なくなり、エストロゲンが増えるため、ということは理解できたと思います。そうなるとエストロゲンは悪者のようなイメージがありますが、そうではないことも前述のとおりです。エストロゲンは、夜中に起こされるという”不測の事態”に対処するための「抗ストレスホルモン」としての働きがあるのです。

つまりエストロゲンは妊婦の不眠を引き起こすものの、女性をストレスから守ってくれているのです。更年期になって閉経すると、エストロゲンが減少するために、いろいろな更年期障害が起きてくることは周知の事実です。

不眠を改善する秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら