不眠の改善・研究館TOP > 不眠克服の知恵とは? > 不眠症とサプリメントについて

不眠症のサプリメントには何がある?

 

不眠症にサプリメントをうまく活用すると、睡眠の改善に役立ちます。

安眠サプリメントというと、有名なところではメラトニンやトリプトファンがあります。快眠サプリは、全人口の半数の人たちが不眠で悩んでいるというアメリカで人気があります。トリプトファン(5-HTP)は牛乳や大豆、肉類、バナナなどに多く含まれますが、錠剤としても多く飲まれているのです。

人気ナンバーワンのメラトニン

不眠症のサプリメントというとメラトニン
これは多くの人が睡眠障害で悩んでいるアメリカで、とくに飲まれています。メラトニンは、もともと体内で合成・分泌されるホルモンです。そのため体外からホルモンを強制的に摂取することに、異議を唱える人もいます。またメラトニン自体の副作用や摂取法などが確立されておらず、薬効も不明な部分があります。

多くの医師は、メラトニンの不眠改善効果は認めておらず、不眠症の治療としては勧めていません。しかし日本の医療機関では、メラトニンを活用している施設もあります。賛否両論があるといえるでしょう。

もしメラトニンを摂取したいのなら、食材から摂れば安心です。
ケールやアメリカンチェリーに含まれています。日本では、ケールの青汁が粉末として売られているのでオススメです。

ハーブも人気がある

セントジョーンズワートというハーブも、人気のある不眠症サプリメントです。
別名を「西洋オトギリソウ」といい、西洋ではれっきとした医薬品。抗うつ薬としても用いられています。日本では薬事法の関係上、食品扱いになっています。しかし、ほとんど薬のような作用をするので、ほかの薬剤との相互作用に注意する必要があります。服用する場合は、かならず医師に伝えることが大切です。

そのほかバレリアンというハーブも、不眠症のサプリメントとして知られています。別名を「西洋カノコソウ」といいます。神経の興奮を鎮めて、安らかな眠りを誘う作用があります。睡眠薬のように副作用がないので、安全といえます。

バレリアンは不眠症のサプリメントとして使われていますが、あまり量が少ないと効き目が薄いといわれています。その場合、角砂糖一個にバレリアンチンキを50滴から100滴ほど染み込ませると、睡眠薬のような効果が得られるといわれています。効果があるのは根の部分で、独特の強い匂いが伴います。そのため不眠症のサプリメントとして売られています。

あるいはバレリアンをハーブティーとして飲むという方法もあります。
そのほかにラベンダーやカモミールなど、不眠を改善するハーブもオススメ。夕食後に紅茶を飲む習慣がある人は、カフェインの影響で不眠の原因になる危険があります。その代替飲み物として、ハーブティーがいいでしょう。もちろん不眠症のサプリメントとしての役割も果たします。

日本食は最高の快眠食

そのほか、べつに不眠症のサプリメントに頼らなくても、昔ながらの日本食に多くの快眠成分が含まれています納豆にはビタミンB群やギャバ、大豆サポニン、大豆ペプチドなどが含まれています。青背の魚には、ビタミンB12やDHAなどが含まれています。味噌と醤油にはギャバやビタミンB12が含有されています。味噌に含まれているメチオニンは、抗うつ薬の成分でもあります。

まずは食事から、しっかり快眠成分を摂取して、そのうえで不眠症に役立つサプリメントを補助的に取り入れるといいと思います。

不眠を改善する秘訣が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら